top of page

Q & A
(ジェルネイル)

​​Q:ジェルネイルで爪は痛みますか?

A:ジェルネイルをすることによるお爪への負担は0ではありません。ですが、当店では、肌と同じ弱酸性の成分が入ったジェル(日本国産、化粧品登録済)を使用して、お爪へ潤いを与え、負担を極限まで抑えた方法でジェルネイルを提供させて頂いております。

また、ジェルネイルをすることで爪が痛む最大の理由は不適切なオフ(ジェルを除去すること)です。

当店ではジェルをキレイに仕上げることも勿論ですが、ジェルのオフに1番こだわりを持っております。

ジェルネイルをお休みされたい場合も、必ずネイルサロンでオフされることをお勧めしております。

​参考までに当店でのジェルオフの様子をご覧ください♡

Q:ジェルネイルを繰り返しているうちに、爪が薄くなってきました、なぜですか?

A:ジェルネイルは、ジェルと爪の密着をよくするために、自爪の表面を削って傷を付けます(「バッフィング」といいます。)。新しくジェルを付け替えるごとにバッフィングは繰り返されますので、これにより爪の先端ほど爪は薄くなっていきます。当店では個々のお客様に合わせて、ジェルの定着がよければバッフィングはしません。必要と思われる場合も、細心の注意を払いバッフィングの度合いを最小限としておりますので、必要以上にお爪が薄くなっていくということはありません。

​​​

Q:ジェルネイルがすぐ剥がれてしまいます、なぜですか?

A:様々な理由が考えられますが、実はお客様のお爪の状態、爪質によって、その方に合うベースジェルは異なります。当店では、最低3回はご来店頂き、お客様のお爪、生活スタイルに1番合うベースジェルを試して決めさせて頂いております。(試している間は、ジェルが想定以上早く剥がれてしまうこともあります)ご自身に合うベースジェルが見つかりますと、適切なケアをして頂ければ​3週間は剥がれることはありません。

Q:ジェルネイルのモチを良くしたいです。どんなことに注意して過ごせばよいですか?

A:キューティクルオイルで保湿をしっかりとしてあげてください(最低1日3回)。また、食器を洗う際は、必ずゴム手袋をしましょう。せっかくオイルで保湿しても、オイルが洗い流されてしまうどころか、指先がひどく乾燥してしまいます。次に、爪を道具として扱わないようにしましょう。例えば、シールをはがす時、缶ジュールを開ける時などは爪を使わないようにしましょう。最後に、爪の長さはあまり長くしすぎないようにしましょう。ジェルが剝がれやすくなるだけでなく、お爪に亀裂が入ってしまう原因となります。

Q:どれくらいの周期でジェルネイルは付け替えた方がいいですか?

A:約3週間です。あまり長く伸びてしまってからでは、お爪に亀裂が入りやすくなります。次に、ジェルが自爪から剥がれ始めると、自爪とジェルの間に菌が入り込んでしまうリスクもあります。もしも、ジェルが部分的に剥がれても、無理やり引っ張って剥がしたりしないでくださいね、自爪を傷めてしまう原因となりますので、剥がれた部分を爪切りで切り落として応急処置をするか、困った場合は直ぐにご来店ください。

Q:爪が短くて小さいのですが、ジェルネイルはできますか?

A:はい、もちろん大丈夫ですよ♪ショートネイルに似合うデザインもご用意しております♡

Q:イベントがあるので、1回だけジェルネイルをしたいです。それでもお願いできますか

A:はい、もちろん大丈夫ですよ♪当店では、ご自身でシールのように剥がせるジェルネイル(ピールオフジェル)も提供しております。是非お試しください。

Q:子供もジェルネイルできますか?

A:はい、保護者の同意がありましたら、10歳以上から承っております。お子様には、お爪への負担を考慮し、ご自身で剥がせるジェルネイル(ピールオフジェル)を提供させて頂いております。こちらのジェルは、溶剤(アセトン)によるジェルの除去が不要です。ご自宅でウッドスティックとオイルのみで除去することができます。除去のやり方、ご希望であれば、除去に必要な道具もお持ち帰り頂けますので、安心してお受け頂けます。

Q:ジェルネイルで爪が酷く痛んでいます。ジェルネイルはできますか?

A:自爪が完全に生え変わるまでお休みされることをお勧めします。または、当店では痛んだ爪を早く元通りにお手入れする「最強のネイルケア」も提供しております。ご興味ある方は、是非、本ウェブサイトの「最強のネイルケア」をご覧ください。

​他に気になることがありましたら
お気軽にお問い合わせください♡

bottom of page